TSAロック
設定方法について

アメリカンツーリスターが取り扱うスーツケースのTSAロックの設定方法につきましては以下よりご参照ください。

TSAロック設定方法

一般的なTSAロックの設定方法につきましては、下記をご覧ください。

初期設定は【0.0.0】に設定されています。
※当社スーツケースには差し込みキーは付属しておりません。
※鍵穴は米国運輸保安省が米国入国時の検査時に使用します。
※設定した番号は、手帳などにメモしていただくことをお勧めします。

  • 1

    ダイヤル横のリセットボタン(小さなボタン)を先端が細いもので、リセットボタンが止まるまで押す。

  • 2

    リセットボタンが中で止まっている状態を確認。止まらない場合は『スライド型(リセットボタンあり1)』をご参照ください。

  • 3

    3桁の番号を選んでダイヤルを回して設定する。

  • 4

    鍵穴のついたパーツを横にスライドすると、1で止めたリセットボタンが初めの位置に跳ねもどり、設定が完了。
    *リセットボタンの位置は製品によって異なる場合があります。

種類別TSAロック設定方法

その他のTSAロックについては下記リンクより
詳細をご確認ください。

  • スライド型
    リセットボタンあり1
  • スライド型
    リセットボタンあり2
  • スライド型
    リセットボタンなし
  • スライド型
    デュアルロック
  • プッシュ型
    リセットボタンあり
  • ラッチロック型
    スライドボタン式
  • ラッチロック型
    中央
  • フレームロック
    スライドボタン式
  • フレームロック
    リセットボタン
  • パッドロック

TSAロックについてのご質問

TSAロック(ティーエスエーロック)とは、アメリカ合衆国国土安全保障省の運輸保安庁から認定を受けた、旅具等に備えられた施錠機構の総称です。
3桁の数字を合わせるダイヤルロックと共に、スーツケースについている鍵穴TSAロックは現在、米国領土内のすべての空港では、国内の移動や出国の際、預け手荷物をTSA(米国運輸保安局)が検査することになっているため、乗客は荷物を解錠して預けることを求められます。
しかし、TSA LOCK(米国運輸保安局より認可を受けた先進のロックシステム)搭載の鞄は、TSA職員が特殊ツールを使って解錠が可能。鍵をかけたまま預けることができるものの事になります。

購入時に販売店で番号設定をしていない限りは【0.0.0】になっております。

000-999までの1,000通りの中で変更可能です。ただし現在開けることができる3桁の番号が必要となります。

鍵はついておりません。3桁の番号を合わせていただくダイヤルロックがお客様の鍵となります。

TSAロックには赤いひし形のマークがロック部分についております。

防犯上リセットボタンはございません。ただし番号変更は可能でございます。

ダイヤルのセット番号は「000~999までの1,000通り」のいずれかの番号にセットされておりますので、ご自身で順送りに探していただく方法がございます。また、有料となりますが、カギ専門の業者(鍵屋)に頼んで解錠してもらうこともできます。
上記の方法でも鍵が開かずリペアセンターでの解錠の場合、ダイヤルロック全体の交換とさせて頂いただきます。
詳しくは、サムソナイト・カスタマーセンターまで、お問い合わせください。

価格id↓
タグ↓
カラー↓
ブランド↓
シリーズ↓
カテゴリ↓
サイズID↓
容量↓
名前↓